ミュゼは飲酒した状態で脱毛を受けられません

 ミュゼは、とてもリーズナブルな料金で脱毛を受けられるサロンです。実際に受けたことがあったり、名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
脱毛の予約が集中するのは、主に土日です。なぜなら学校や会社が休みの方が多いからです。しかし、そのような休日に飲酒をしてアルコールが残っている状態に、ミュゼに行ったらどうなるのか、考えたことはありますか。
 結論から言うと、飲酒をしてアルコールが残っている状態でミュゼの脱毛は受けられません。アルコールを摂取すると、身体の状態も普段と違っているのです。そして、脱毛とは毛根を刺激する行為です。そのため、身体が過剰に反応してしまう可能性があるのです。これは肌もそうですし、身体全体もそうなのです。ですので、普段は平気だったのに肌に赤みが出てきてしまったり、かゆくなってしまうこともあります。また、気分が悪くなってしまうこともあるのです。
 そして、何といってもマナー違反でしょう。脱毛を行うときは、スタッフの方が常に近くにいるのです。お酒の臭いは本人はあまり気が付きませんが、周りは意外と気がついているものです。ですので、スタッフの方はその臭いに耐えなければなりません。他人を不快にさせてしまう行為は、人間的にもどうなのでしょうか。
 そして、飲酒してミュゼの脱毛は受けられませんが、脱毛を受けた後の飲酒もいけません。具体的には、施術後12時間以内の飲酒は控えなければならないのです。
この理由も、さきほど挙げた身体の状態が普段と違ってしまうからというものなのです。そのため、普段は大丈夫でも、飲酒によってトラブルが引き起こされやすくなってしまうのです。
 しかし、急に飲み会などが入って飲酒をする機会もあるかもしれませんね。そのようなときはキャンセルをしましょう。もちろん飲酒をした状態でも特にトラブルがなかったという方もいらっしゃいます。しかし、果たして自分はどうなるのか、わかりませんよね。
身体になるべく負担をかけずに、綺麗になりましょう。